良い品市場ドットジェーピー とスマホ音声入力 / PCアドレスに 良い品市場.jp と入力・実行
良い品市場.jp
イイシナイッパィ
 イイシナ イチバ イイシナイチバ
いい品いっぱい 良い品市場.jp 114718.jp
 

■テレビ通販ポータル街

< 通販各社公表 フリーダイヤル/URL > 当社ご提案のURL
(PC/携帯 共通)
通販名称 フリーダイヤル URL

いい品いっぱい、良い品市場 こんなに安い ノオ〜
良い品市場
(For Sale)
0120-572-831
(こんなに安い)
http://良い品市場.jp http://114718.jp

QVC 0120-945-009 http://qvc.jp http://945009.jp
SHOP CHANNEL 0120-000123 http://www.shopch.jp http://000123.jp
ジャパネット 0120-919-242 http://www.japanet.co.jp http://919242.jp
日本直販 0120-0000-20 http://www.666-666.jp http://666666.jp
YAMADA 0120-48-0000 http://www.yamada-denkiweb.com http://480000.jp
日テレ デパ深 0120-07-2100 http://www.ntvshop.jp/420/p/c/cds/ http://072100.jp
TBSショッピング 0120-68-4652 http://www.tbs.co.jp/shopping/
http://ishop.tbs.co.jp/
http://684652.jp
フジ 通販DJ 0120-652-506 http://www.dinos.co.jp/dj/ http://652506.jp
テレ朝 ロッピング 0120-911-811 http://ropping.tv-asahi.co.jp http://911811.jp
テレ東てれとマート 0120-88-04-88 http://tv-tokyoshop.jp/ http://880488.jp

通販名称 フリーダイヤル URL 当社ご提案URL
< 通販各社公表 フリーダイヤル/URL >



For Sale    いい品いっぱい、良い品市場 こんなに安い ノオ〜
TV通販パック (http://良い品市場.jp 、http://114718.jp 、0120-572-831)
上記ドメイン名、フリーダイヤルの専用使用ご希望受け賜ります! お問合せ


■良い品市場.jp 、114718.jp 、0120-572-831 TV通販活用例

みせる広告(PUSH型)だけでなく、見てもらう広告(PULL型)、見てもらうことを積極的に働きかける "オファー型広告"※1まで、広告コミュニュケーション AISAS 全対応!
● テレビ通販での問題点、課題点

View from 視聴者

  • 電話がつながりにくい。後でかけなおすつもりが、そのままになってしまった。
  • 電話番号がわからない。忘れてしまった。(インパクト弱くて記憶に残らない)
  • ホームページアドレスがわからない。覚えられない。違うサイトが表示される。
  • 商品をもっと詳しく知りたい、動画も見たい。放映内容だけでは不明点が残る。
  • 24時間いつでも好きな時に、外出先からも携帯でショッピングしたい。
  • 他にもたくさんある通販番組や特典情報、購入者の感想も見て商品を探したい。

View from クライアント、メディア

  • 放映中にレスポンスのピークがあり、その大きさも放映内容により大きく異なる為、電話対応体制の万全な構築が困難でせっかくの販売機会を逸している。
  • 放映後数時間でレスポンスがなくなる為、衝動買いを誘発する放映内容になりやすい。新聞折込チラシ並みに数日から翌週までレスポンスが続くようにしたい。  
  • 放映時間に限りがあり、「商品の映像が直ぐに消えてしまう」というテレビ映像の“揮発性”によるクレームが多い。
  • 放映時間帯・時間枠に限りがあり、商品に偏りも出る。健康食品、健康器具、女性用衣料品、化粧品、装飾品、洗剤、家電品、PC、カメラ、生活雑貨など。
  • 視聴者の属性は様々であり、視聴者全てに必要性を感じさせることは困難。ターゲットを絞った放映内容になり、広告対象ユーザー層を狭めてしまっている。
  • 広告対象ユーザー層、商品をもっと広げ、不動産、自動車までも取り扱いたい。
ネットで買いたい!ネットで売りたい!

● 「Web リダイレクトサービス」 活用による解決例 (例: 良い品市場.jp )
  • PC・携帯電話からWEBサイトを見てもらうよう、放映中に積極的にオファーする
    http://良い品市場.jp 、http://114718.jp 、0120-572-831 を、注文先、問い合わせ先、及び更なる特典情報入手先として告知し、PC・携帯電話からのWEBサイトアクセスを放映中に機動的に働きかける
  • WEBサイトに於いて、TV通販の注文・問い合わせ対応など受け皿・サポート機能、WEBサイトショッピング、及びオファー型広告を本格展開する。
「Webリダイレクト」 とは、既にお持ちのホームページを、わかりやすくて覚えやすい日本語ドメイン 「http://良い品市場.jp」 や 「http://114718.jp」 などの独自ドメインでアクセス出来るようにするホームページ転送機能です。
具体的には、既存のホームページのURLはそのままで、Webリダイレクト機能によって

http://良い品市場.jp へのアクセスが
(自動転送)
既存のホームページURL というように、自動転送される仕組みになっているのです。

Copyright©2001-2006 Japan Registry Services Co., Ltd

携帯からのアクセスにも対応
Webリダイレクトには、アクセスしてきた端末が「PCか?携帯電話のどの機種か?」を判別し、それぞれの専用のサイトにアクセスさせるといった機能もあります。 ▽つまり、同じ「良い品市場.jp」にアクセスしても、PCあるいは携帯の機種によって夫々に対応したページを表示できるのです。 これで、携帯・PC用と、端末用ごとにアドレスを使い分ける必要はなくなります。 ▽リダイレクト先URLをパソコンだけに設定した場合、パソコンからアクセスするとリダイレクト先ページが表示されますが、 i-modeやEZweb、yahoo!ケータイからアクセスすると「アクセスできません」のメッセージが表示されます。このとき、i-modeやEZweb、yahoo!ケータイへのパケット代はかかりません。
  • 自社サイトへの転送 究極のSEO 、常時1番表示
※日本語.jp、Webリダイレクト に関する詳細情報は、JPRS[(株)日本レジストリサービス]のhttp://日本語.jp サイトをご覧願います。※当頁の日本語.jp、Webリダイレクト に関する記述は、JPRSのサイトを基に、(有)カプランがカプランの固有情報を付加作成したものです。

● 期待効果
  • 販売機会の損失を防ぐとともに販売機会の増大が図れる
    電話番号、ホームページアドレス(URL)が覚えやすく、思い出しやすい。 ”通販” と ”いい品いっぱい”、”良い品市場.jp” 、 ”114718.jp” は強く連想して覚えられ、或いは一体の概念としてパターン認識されやすい。思い出す際も ”通販” に連想して、或いは 一体となって直感的にイメージされやすい。 フリーダイヤル ”0120-572-831” (こんなに安い)も語呂合わせで正確に出てくる。
    • 電話が混んでいて放映後かけ直す場合も、電話番号を忘れてしまったり、掛け損じなどによる販売機会の損失を防げる。
    • 放映内容だけでは不明点が残る場合も、他の通販番組や購入者の感想も見て商品を探す場合も、外出先から携帯でショッピングする時も、24時間いつでも電話番号、URLが直感的にイメージされ、販売機会増大に結びつく。
  • テレビというマスメディアとE-コマースとのメディアMIXによる相乗効果
    • 放映内容には関心無いが、他の商品や特典に関心ある生活者をWEBサイトにスムーズ且つ的確に誘導することにより、WEBサイト全体の売上増が図れる。
    • オファー型広告は生活者を会員として管理しているデータペース上で展開されるのが通常だが、広告対象者データベースの増大(新規会員の獲得)にテレビというマスメディアは大きな役割を果たす。
  • 広告対象ユーザー層・商品の拡大が図れる
    • テレビCMを受身で見るのみで広告コミュニュケーションに対して関心が低く受動型の層に加えて、より関心が高く能動型の層に対してホームページ上でオファー型広告による広告コミュニュケーションが図れる。現代消費行動プロセス AISAS における、Attention(注目)、Interest(興味)、Search(検索)の層まで広告コミュニュケーションが可能となる。
    • オファー型広告システムを利用し生活者への対価を変動させることにより、生活者にとって、負荷の低いものから高いものまで、多種多様な広告コミュニケーションを、生活者別にオファーすることが可能となり、広告対象商品・サービスの大幅な拡大が図れる。

■オファー型広告

●オファー型広告の概要

『オファー型広告』とはPULL型広告の一つで、生活者に対して、広告の内容とともに、広告を受け入れてもらうことの対価を提示(オファー)し、広告を見てもらうことを積極的に働きかけるものです。

広告の内容とその広告を視聴することによる対価を視聴者別に設定しておくことにより、各視聴者端末の広告選択画面に“広告オファー”が表示され、その“広告オファー”に対する視聴者の反応(視聴するか否か)に応じて、対価を変動させるシステムです。(電通資料より引用)


※1:2004年4月に、「広告枠取引方法及びシステム」として、電通が特許を取得。

参照資料:WEB2.0時代に対応した『オファー型広告』システムの開発について(電通メディア・コンテンツ計画局アド・システム開発部)





SSL GMOグローバルサインのサイトシール  このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。